初夏の風物詩

愈々、九州北部にも

梅雨前線が北上して

梅雨らしき、雨がやってきそうです。

いつも通る市内の田畑には

田植えの為に、水を引いていた

田には水が枯れていました…。

農作物以外にも、水源にも

恵みの雨が一日も早く来てほしいものですね。

先日、新聞を拝見していたら

これまで唐津の海岸に例年

生えていた浜ヒルガオの群生が

今年は、姿を消したとか

原因はこれから解明されて

いくのでしょうが

環境の変化に、ちょと不安を感じます。

これまで、あたりまえのように

観てきた自然や環境が

消えていくのは寂しいものです…。

eb7a3c.jpg

この新聞の記事を観ていたので

我が家の玄関先のブロック塀の隙間に

「おやっ〜!、どうして、浜に咲く

ヒルガオがこんなところに咲いて

いるのか〜!」と驚いて

よくよく、葉をみたら、

雑草のヒルガオの花でした。

同じヒルガオでも、

ヒルガオは葉が丸くて

何処でも咲くヒルガオは葉が三角にて

素人にも解ります。

ヒルガオ

雑草としてすぐ刈り取られますが

でも、夏を感じますから

そのままにして楽しんでいます。

広告を非表示にする