夫の妊活への無知は幸福としよう

びっくりする。

葉酸がいいらしいよ。と言い出した。

えーーーーーーー、

行く前に葉酸のまないといけないらしいとコメントしてますけど?

の受付で聞かれてますけど?

うちの夫は実は本人もお気づきではないが、妊活に興味がない。

本人は興味があると思っているが、きっとない、ないというか苦手と言わないと気分が悪いよね。

なので妊活の内容の話をすると眠たそうにするか、何かやりながら生返事する。

真剣な顔で聞くようにと怒ったので、気をつけて真顔を作りうんうんとうなづく。

私は医学の予備知識があり、女性ホルモンの仕組みとか大好き。

体の仕組みがもともと好きなのだ。

きっと夫のパソコン好きと同じくらいだが、私はパソコンには興味がなく、何も覚えられないのだ。

パソコンや数字が苦手ある種のことは覚えられないのだから。

しかし、今回の卵ちゃん達を移植するとだいたい200万くらいだから、

採卵はもうしないと心に決めましたと伝えると、

お金足りてる?とのこと。

しっかり応援してくれるし、もっとやりなとか、5つも移植する?とかそういうことは言わない。

100万くらいって言ってた妊活のお金も200万まであげてくれた。

だから、夫の妊活への無知は私への幸福なことと思えた。

移植のときに、精子だすの?と言われたって心から笑える。

私には迷いがあまりなく、なんでも自分で考えて決定してきた。

だから、結婚なんてできなかったのだ。

相談して決めることもあるけど、妊活については、大げさに言えば命かけてるから

勉強を同じくらいしてもらわないと話し合いができないし、

情報量が多すぎて私と同じ気合いで夫にもこだわりができたら

意見がことなる、もめる、喧嘩する、離婚する

違う意見をすり合わせてよいものにするって考えもあるけど

最終的には妊活に無知でも応援してくれる夫をもってありがたい、本当にありがたし